介護の資格

とりあえず介護職員初任者研修の資格を手に入れよう

身内にお年寄りがいたり、もともと介護にか関心のある人たちが最初に目指す資格が、介護職員初任者研修、いわゆるホームヘルパー2級になります。

 

 

そして、その上位資格には、ケアマネジャーや居宅介護支援事業者がいて、彼らの作成したケアプランに沿って、高齢者や障害者のお宅を訪問することになります。

 

 

体の弱っているお年寄りを助ける仕事になります。

 

 

だから、時間の切り売り的な気持ちではなかなか勤まらない仕事といえるでしょう。

 

 

具体的には調理、入浴、排泄などの身体介護や家の中の掃除ということになります。

 

 

そして、それ以外に訪問先ごとに少しずつ異なる物を求められるからです。

 

 

生活全般の介護サービスを提供する資格です。

 

 

その介護職員初任者研修の資格を取得するには養成講座を受講する必要があります。

 

 

そして各学校の通信講座や通学講座、いずれにせよ受講修了後に修了試験を受け、合格しなければなりません。

 

 

これは一生モノの資格になります。

 

 

具体的には、学校に通うか、通信添削で学ぶの方法があります。

 

 

この資格は、超難関試験という物ではありませんがいろんな学校、いろんな機関が通信添削と実技の方法を用意しており詳しいことはシカトルに詳しく書かれています。

 

 

やる気のある人ならば、挑戦することで比較的簡単に手に入れられる資格といえるでしょう。

 

>>介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)はコチラ<<